alpamed

久光製薬「乳酸菌EC-12」の正しい飲み方を調査!効果的な時間・タイミングはいつ?

「乳酸菌EC-12」の飲み方 3つのポイント

久光製薬 乳酸菌EC-12
ここがポイント!
  1. 水なしで噛んで食べられる!
  2. 1日の目安摂取量4粒の範囲で摂る
  3. 毎日決まったタイミングで飲む習慣を

※参考 ⇒久光製薬公式「乳酸菌EC-12」今なら1,810円でお試し出来ます!

久光製薬「乳酸菌EC-12」の正しい飲み方は?

1日4粒の目安量を続ける

久光製薬「乳酸菌EC-12」の1日あたりの目安摂取量は4粒になっています。
多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
また、多量に摂取されるとお腹がゆるくなる可能性があります。
1日の摂取目安量を守って飲むようにしてください。

お茶で飲んでも大丈夫?

チュアブルタイプなので、水なしでも噛んで食べられます。

飲み流したい場合は、余計な成分が入っていない水やぬるま湯で摂取することをおすすめします。

薬と一緒に飲んでも大丈夫?

薬を服用中の方および通院中の方は、医師・薬剤師と相談の上、摂取してください。

妊娠や授乳中の摂取は大丈夫?

妊娠中・授乳中の方は医師と相談の上、摂取してください。

「乳酸菌EC-12」の飲むタイミングは?いつ飲めば効果的?

飲むタイミングは食前?

特に決まったタイミングは案内されていません。
朝食後や寝る前など生活習慣に合わせて飲むことで飲み忘れが少なくなります。
毎日、決まったタイミングで飲むことをおすすめします。

まとめ

最後に、久光製薬「乳酸菌EC-12」の飲み方について、おさらいしましょう。

・1水なしで噛んで食べられる!
・1日の目安摂取量4粒の範囲で摂る
・毎日決まったタイミングで飲む習慣を

チュアブルタイプなので、水なしで噛んで食べられます。
1日の目安摂取量である4粒の範囲で、摂取するようにしてください。

「いつ飲んだらいいのか」といった、特に決められたタイミングはありません。
食後や寝る前など生活習慣に合わせて取ると飲み忘れることなく続けられるので、おすすめです。